ホーム > 活動報告
日本の会計制度を考えよう!

日本公認会計士政治連盟
〒102-8264
東京都千代田区九段南4-4-1
公認会計士会館
電話:03-3515-1155

活動報告

平成29年11月4日(土)政治連盟北陸地方会
「衆議院議員田畑裕明国政報告会」を開催

 富山市のホテルグランテラス富山で、衆議院議員田畑裕明厚生労働大臣政務官(自民、富山1区、3期目)による国政報告会及び富山県部会員との意見交換会が開催され、富山県部会員29名が参加した。田畑議員は、厚生労働大臣政務官として、社会保障の給付と負担の現状や、昨今脚光を浴びている「働き方改革関連法案」の概要等について話をされた。また、参加者から社会福祉法人や医療法人への外部監査の導入方針等について質問し、それらに対して田畑議員から丁寧な回答があった。田畑議員を囲んでの懇親会にも気さくにお付き合い頂き、参加者にとって大変有意義な時間を過ごすことができた。
(富山県部会会員 髙畠 亮一)

平成29年11月2日(木)
「竹谷とし子CPA応援隊」国政報告会-山口那津男公明党代表が2度目の来会-

 「竹谷とし子CPA応援隊」国政報告会が公認会計士会館で開催された。第二部の懇親会には公明党山口那津男代表が出席されご挨拶をいただいた。山口代表が来会されたのは今回で2度目である。「公平性・透明性」をコンセプトに建設された公認会計士会館へ山口代表に足を運んでいただけたことは、大変意義深いことであり、公認会計士が果たす社会的役割への期待の現れであると感謝の気持ちで一杯である。第一部の国政報告会では、竹谷とし子参議院議員(公認会計士・公明・東京)から、「国・地方における公会計制度の状況」をテーマに1時間ほどご講演いただいた。会の最後に竹谷とし子CPA応援隊(鈴木康雄応援隊長、澤田尚史幹事長)全員で、佐藤裕紀CPA青年隊長を中心に力強く「がんばろうコール」を挙げ、さらにCPA応援隊のネットワークを強化し、竹谷とし子公認会計士国会議員を応援していくことを誓った。

平成29年11月2日(木)
小泉進次郎衆議院議員「モーニングセミナー」に参加

 ホテルニューオータニにおいて、小泉進次郎衆議院議員(自民党筆頭副幹事長)のモーニングセミナーが開催され、当政治連盟から山田治彦幹事長が参加した。衆議院選挙直後であり、選挙での応援活動で全国津々浦々を回る中、都会だけではない日本、経済だけではない豊かさを改めて実感し、今後政治家として何を行うべきかについて思いを新たにした旨が報告された。今後の活躍を期待するとともに、引き続き支援を行っていきたい。

平成29年11月1日(水)
菅原一秀衆議院議員が来会

 菅原一秀衆議院議員(自民、東京9区、当選6回)が来会。経済産業副大臣、財務副大臣等を歴任。練馬区部会員による「菅原一秀を囲む公認会計士の会」(小貫裕文会長)が設立されており、組織の拡大を図っているところです。当政治連盟の柳澤義一副会長と懇談し、税制改正等について意見交換しました。

平成29年10月31日(火)
山田美樹衆議院議員が来会

 山田美樹衆議院議員(自民、比例東京、当選3回)が来会。平成8年東大法学部卒業後、経済産業省へ入省、経営コンサルティング企業、ファッションブランド企業を経て平成24年に東京第1区から出馬し初当選。平成27年10月の第3次安倍改造内閣で外務大臣政務官を努められた。今後も「山田美樹を囲む公認会計士の会」(木下俊男会長)を中心に支援体制を強化して参りますので、東京在住会員(千代田、港、新宿)のご協力をお願いします。

平成29年10月27日(金)
第51回小田原きよし政策勉強会へ参加

 都内ホテルで月例開催の「小田原きよし政策勉強会」へ関根愛子協会会長、森公高政連会長及び山田眞之助常任幹事の3名が参加した。第48回衆議院議員総選挙直後であり、多くの参加者から国政復帰へのお祝いの言葉が交わされていた。小田原きよし衆議院議員(自民、東京21区(比例復活)、当選3回)から、区割りの変更、選挙戦の厳しさなどのお話しがあり、多くの方々から心温まるご支援とご協力を賜ったことへの御礼のご挨拶があった。今月のゲストスピーカーは、元オリンピックビーチバレー日本代表の朝日健太郎参議院議員であった。

平成29年10月24日(火)
衆議院議員伊藤達也新時代政経セミナーへ参加

 衆議院選挙の2日後、伊藤達也新時代政経セミナーが都内ホテルで開催され、関根愛子協会会長、森公高政連会長、山田治彦幹事長、玉木國隆囲む会会長など多数の役員が参加した。伊藤達也衆議院議員(自民、東京22区、当選8回)は、平成16年小泉第二次改造内閣で金融担当大臣に就任され、現在は衆議院憲法審査会委員、自民党では中小企業・小規模事業者政策調査会事業承継小委員長等としてご活躍中である。中小企業の重要な課題である事業承継が円滑に進むよう、公認会計士の方々に様々なご指導を頂きたいと話されていた。

平成29年10月5日(木)
吉野正芳衆議院議員「福芳会朝食会」に参加

 吉野正芳衆議院議員の「福芳会朝食会」(代表幹事/公認会計士近野博氏)が自民党本部で開催され、当政治連盟から森公高会長をはじめ多くの役員が出席した。突然の衆議院の解散、公示日の直前ではあったが、予定どおり開催され、多くの支援者が参加した。
 吉野議員(自民、福島5区)は、復興大臣として国務ご多忙中であるが、公認会計士制度振興国会議員連盟の事務局長として、また自民党の企業会計小委員会委員長として大変にご指導いただいたところである。(第48回衆議院選挙で当選、現在7期目)

平成29年10月4日(水)
萩生田衆議院議員が来会

 自民党幹事長代行萩生田光一衆議院議員(東京24区)が来会。ご多忙の中、お時間を頂戴し、中小企業・小規模事業者の事業承継、税制など、自民党の政策について懇談的に意見交換した。

平成29年9月22日(金)
鷲尾衆議院議員が来会

 102票差を胸に! 公認会計士国会議員の鷲尾英一郎衆議院議員が来会。監査の信頼性確保に向けた取り組み、社会福祉法人への公認会計士監査の導入など多岐に亘り懇談的に意見交換し、率直なご意見を頂戴した。

平成29年9月21日(木)
「公認会計士豊水会」開催

 衛藤征士郎衆議院議員の公認会計士による後援会「公認会計士豊水会」の総会懇親会が、アルカディア市ヶ谷で開催された。衛藤議員は、衆議院議員11期(自民、大分2区)、参議院議員1期、76歳、衆議院副議長を歴任されるなど、大ベテラン議員であり、自民党公認会計士制度振興国会議員連盟の会長でもある(第48回衆院選で当選され現在12期目)。
 「公認会計士豊水会」は1981年9月に設立され、国会議員を囲む公認会計士の会の中で最も古く、公認会計士制度の改正と共に歩んできた。当日は北朝鮮問題などに対する安全保障体制の強化、消費税率10%への引き上げ、少子高齢化社会への対応、両院対等による一院制導入など、多岐にわたる課題についてご報告いただいた。今後も「公認会計士豊水会」を発展強化していく所存であり、多くの会員にご入会いただけますようお願いいたします。

平成29年9月16日(土)政治連盟南九州地方会
「野田たけしを囲む公認会計士の会」通常総会開催

 ホテル日航熊本において「野田たけしを囲む公認会計士の会(林田素行会長)」第4回通常総会が開催され、大型台風接近の影響がみられる中、会員20名の参加があった。吉川栄一幹事長の司会進行により行われ、野田毅衆議院議員(自民、熊本2区)による国政報告では、監査の信頼性とチェック機能問題、消費税率引上げ等財政問題、北朝鮮等国際問題、金融政策、さらにトピックスとして、自民党内の「財政・金融・社会保障制度に関する勉強会」(代表:野田毅議員)の立上げや臨時国会、衆議院選挙の見通しなど、実に幅広い貴重なお話しをいただいた。
 懇親会は、庄田浩一幹事の司会のもと、鹿児島から参加の岩切英彦南九州地方会会長による乾杯の発声でスタートした。野田議員は各テーブルを回られ、会員一人ひとりと懇談され、中国情勢など有意義な話題もご提供くださった。和やかな雰囲気が続く中、終盤に本吉幸雄幹事が壇上に上がり、野田議員の益々のご活躍を祈念して力強い「ガンバロウコール」を行い、荒木幸介副会長の挨拶で締め括った。

平成29年9月9日(土)政治連盟近畿地方会
「杉ひさたけ参議院議員を囲む公認会計士の会」通常総会を開催

 シェラトン都ホテル大阪において「杉ひさたけ参議院議員を囲む公認会計士の会(小澤義昭会長)」通常総会が開催され、関根愛子協会会長を始め、公認会計士等50名が参加した。参加者の多くが日頃行っている勉強会で杉議員と親しくさせていただいている関係もあり、和やかな打ち解けた雰囲気の中で開催することができた。
 杉久武参議院議員(公明、大阪)は、この8月に財務大臣政務官の任期を終えたばかりであり、将来を嘱望された新進気鋭の議員である。総会では、この3年間に10回開催した杉議員との勉強会などの報告があった。また、杉議員の国政報告では、財務大臣政務官としてご活躍のご様子や最近の国会の状況等についてお話をいただいた。
 引き続き開催した懇親会では、杉議員と出席会員が膝を交えて親睦を深めるなど、大変有意義な会となった。

平成29年8月22日(火)
夏の議員会館挨拶廻り

 平成29年8月22日、今年も夏の議員会館挨拶廻りを実施した。4班に分かれて訪問。本年10月19日に開催する政連パーティのご案内を兼ねて挨拶回りを行った。1班は関根愛子協会会長、森公高政連会長、山田治彦幹事長、2班は高濱滋副会長、武内清信副会長、3班は井上東幹事長代行、海野正副幹事長、北方宏樹副幹事長、4班は鈴木昌治副会長、柳澤義一副会長、前原一彦副会長、岡田敏男副会長に分かれて行った。国会が閉会中であり、ほとんどの議員が地元とのことであったが、7名の議員にお会いすることができ、日本公認会計士協会の動向などについてご報告させていただいた。

平成29年8月8日(火)政治連盟北部九州地方会
「古賀あつしを囲む公認会計士の会」通常総会を開催

 ソラリア西鉄ホテルにおいて、「古賀あつしを囲む公認会計士の会」第4期通常総会が開催された。
 古賀篤衆議院議員(自民、福岡3区、東京大学在学中に公認会計2次試験合格)は、自民党公認会計士制度振興国会議員連盟に所属され、国会では総務委員会理事、自民党では厚生労働部会副部会長、総務部会副部会長、金融調査会事務局次長や青年局次長等としてご活躍されている。当日は、古賀議員のご挨拶と国政報告が行われたほか、宏池会創立60周年記念誌編集におけるエピソード等について、興味深いお話しをいただいた。
 古賀議員を囲んでの集合写真を撮影した後、古賀議員と当会会員との懇談、意見交換が和やかな雰囲気の中で行われ、盛況裡に閉会した。

政治連盟東京会三多摩会活動報告

 立川市の東京会三多摩会事務所において小田原潔衆議院議員(自民、東京21区)と松本洋平衆議院議員(自民、東京19区)の国政報告会が相次いで開催された。 9月5日開催の小田原議員国政報告会では、地元会員を中心に22名が参加した。東京21区は衆議院小選挙区の区割改定に伴い、立川市・日野市に加え国立市・稲城市(一部)・多摩市(一部)・八王子市(一部)が新たな選挙区となった。
 また、9月20日開催の松本洋平議員国政報告会では、地元会員を中心に24名が参加した。東京19区は区割り改定に伴い、西東京市・小平市・国分寺市となっている。
 今後、三多摩会会員による小田原潔議員及び松本洋平議員の支援体制を整え、強力に推し進めていく予定である。

公認会計士国会議員が来会

 近況についてお話しを伺うとともに、監査をめぐる諸課題について意見交換しました。

平成29年7月18日(火)政治連盟東海地方会
「片山さつき政経セミナーin愛知」に参加

 東海地方の財界及び各種団体の方々が発起人となり、『片山さつき政経セミナーin愛知』が開催された。柴田和範東海地方会会長も発起人の一人として参加。今回は、渡米寸前の厳しいスケジュールの合間を縫っての開催であった。片山さつき参議院議員(自民、比例)は、自民党政調会長代理として大いに活躍されており、北朝鮮問題を含めた安全保障問題や自然災害に対する防災減災などについて国政報告が行われた。懇親会の間、柴田会長と中小企業対策などについて時間をかけられ、懇談的に話されていたことが印象的であった。

平成29年7月8日(土)政治連盟四国地方会
「愛媛県公認会計士による塩崎恭久議員を囲む会」通常総会を開催

 松山市の伊予鉄会館において「愛媛県公認会計士による塩崎恭久議員を囲む会(池田喜志髙会長)」第1回通常総会並びに懇親会が開催された。
 政治連盟から森公高会長、政治連盟四国地方会から石川千晶会長ご夫妻が出席し、愛媛県部会からは公認会計士27名が出席した。塩崎恭久議員(自民、愛媛1区、当選7回)は、現在、厚生労働大臣に就任されており、「働き方改革」への取組み等、大いにご活躍されているところです。通常総会では、池田会長の挨拶、森会長の挨拶、石川会長の挨拶の後、平成28年度の収支報告及び活動報告があった。
 塩崎議員の国政報告の後、武士末研郎副会長の乾杯で始まった懇親会では、塩崎議員が各卓を回られ有意義な時間となった。今後も愛媛県部会会員のご協力を頂きながら、さらなる塩崎議員の支援体制を築いていきたい。

平成29年7月1日(土)政治連盟京滋地方会
「うえの賢一郎を囲む公認会計士の会」設立総会開催

 「うえの賢一郎を囲む公認会計士の会」設立総会ならびに懇親会がホテルボストンプラザ草津びわ湖にて開催された。総勢16名の公認会計士が参加した。
 設立総会では、木田稔囲む会発起人代表による開会挨拶や設立趣意及びうえの賢一郎議員の経歴紹介が行われ、森公高政治連盟会長の挨拶の後、木田囲む会発起人代表により議事が進行され、規約案、役員案及び顧問委嘱案が承認された。次にうえの議員より、中小企業支援対策などを中心に国政報告をいただいた。
 懇親会は、木田稔・囲む会会長の挨拶の後、山田治彦政治連盟幹事長の乾杯の発声によりスタート。うえの議員が各テーブルを回られ、会員ひとりひとりと活発な意見交換が行われた。賑やかな懇談となり予定時間を大幅に超過し、田中正志・新囲む会副会長の閉会の挨拶で盛況裡に閉会した。

平成29年6月28日(水)
「日本のヴィジョンを考える会」に参加

 浅尾慶一郎衆議院議員主催の「日本のヴィジョンを考える会」に、高品彰政治連盟神奈川県会会長と波多康治浅尾慶一郎囲む会会長が出席した。月例のこの会は、今回が第221回目であり、午後7時から開催されている。毎回、著名な講師をお迎えしての勉強会である。本日は「朝鮮半島情勢を読む」と題して、拓殖大学大学院特任教授から講義を受けた。

平成29年6月27日(火)
衛藤征士郎衆議院議員「第28回年次特別セミナー」に参加

 第28回年次特別セミナー「衆議院議員衛藤征士郎君の在職40周年を祝う会」が東京プリンスホテルにおいて開催された。自民党細田博之総務会長等の挨拶に続き、衛藤征士郎衆議院議員(大分2区、当選11回)からご挨拶があった。衆参同等の「一院制の国会」の実現、法人税の国際比較、消費税引き上げ延期の影響などについて話された。
 引き続き、森公高政連会長が乾杯を行った。当政治連盟から多くの役員が出席し、公認会計士制度振興国会議員連盟の会長である衛藤征士郎議員との懇親を深めた。

平成29年6月14日(水)
「若林けんた君を励ます会」に参加

 「めげません。元気です。戻ってまいります!」。いつもの元気な声が会場いっぱいに響く。
 都市センターホテルで「若林けんた君を励ます会」が開催された。森公高政連会長、関根愛子協会会長はじめ多数の役員が参加した。また、地元長野県から多くの支援者が駆けつけ、熱気溢れる励ます会となった。会期末に迫った参議院本会議が開会中で、司会を予定していた議員に変わり、急きょ、地元後援会長が司会を務められた。来賓からは、若林けんたを必ず国会に戻すとの熱意がこもった発言が相次いでいた。

南九州地方会近況報告
会長 岩切英彦

 南九州地方会は熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県の四県で構成され、従来から、多くの有力政治家を輩出してきた地域であります。中でも、公認会計士協会にとって重要なキーマンとしてご尽力いただいてきた国会議員の先生方がいらっしゃいます。
 まず、大分県選出の衛藤征士郎代議士は永年にわたり、自由民主党公認会計士制度振興国会議員連盟の会長をお引き受けいただき、大所高所から的確な助言や力強いサポートを行っていただいているところです。また、税理士法改正問題時に、自由民主党税制調査会会長の要職であり、現最高顧問の野田毅代議士は現在、議連内の公認会計士監査拡充委員会の委員長に就任されており、これからもますますお世話になることと思います。
 南九州地方会は選挙時の各県での応援はもちろんのこと、日常的には、囲む会の開催や後援会主催の会に出席して先生方との定期的なお付き合いをさせていただいております。
 わが国の発展のために、いかに公認会計士制度を発展・拡充させるかについて、立法府であるの国会議員の先生方に会計士業界の現状を正しくお伝えし、あるべき姿についてご理解いただく必要があります。そのためには、地方会においてもこれまで築き上げてきた国会議員の先生方との良好な関係を維持し、さらに密にさせていくことが大変大切だと思っております。

平成29年6月2日(金)
井上信治衆議院議員と意見交換

 自民党組織運動本部団体総局長に就任されている井上信治衆議院議員(自民、東京25区、当選5回)が来会され、東京都議会議員選挙の情勢、公認会計士を巡る課題などについて意見交換した。井上代議士の地元では、「井上信治を囲む公認会計士の会」(原島正之会長)が発足しており、機会あるごとに地元会員とともに意見交換させていただいている。今後もより一層支援体制を充実してまいりたいと思いますので、地元会員の皆様のご協力をお願いします。

平成29年5月25日(木)
公明党青年委員会・政連青年部との勉強会を開催

 衆議院第二議員会館において、公明党青年委員会所属国会議員と政治連盟青年部との勉強会が開催された。当政治連盟青年部は、平成21年11月に発足し、これまで国会見学、議員インタビューなど様々な活動を行ってきたところであるが、本年5月、メンバー交代があり、新メンバーによる初めての活動となった。勉強会のテーマは「開示・監査制度の一元化に向けて」、公明党国会議員10名、政治連盟青年部19名、政連役員4名が出席しての勉強会であった。

平成29年5月22日(月)
「わしお英一郎育てる会」に参加

 102票差を胸に!今年も学士会館において「衆議院議員わしお英一郎育てる会」が開催された。前総理で民進党幹事長の野田佳彦代議士、元民主党代表の前原誠司代議士など、多くの民進党議員が激励に駆け付けられた。当政治連盟からも森公高政連会長、関根愛子協会会長をはじめ多くの政連役員が参加した。公認会計士国会議員の鷲尾英一郎議員(民進、比例北信越)は、4期目の大ベテラン議員で民進党新潟県連代表に就任され、地元での活動、東京での活動に精力的に取り組まれている。

平成29年5月15日(月)
明風会主催後援会・懇親パーティに参加

 都市センターホテルにおいて、明風会主催の講演会・懇親パーティが開催された。関根愛子協会会長、森公高政連会長、山田治彦幹事長、岸上恵子常任幹事が参加し、伊吹文明衆議院(自民、京都1区、元衆議院議長)と懇談した。魚屋さん、八百屋さんでの一つ一つの買物が食品スーパーでの一括購入に変わり、そしてアマゾンでの注文に変化した。豊かさは実現したがコミュニケーションの希薄な社会へと進んでいる。顔の見えるコミュニケーションを大事とし、後輩の育成に当たって欲しいなどのお話があった。

平成29年5月10日(水)
「古川元久とともに明日を創る会」に参加

 ザ・キャピトルホテル東急において「古川元久とともに明日を創る会」が開催された。当政治連盟から多数の役員が参加し、古川元久衆議院議員(民進、愛知2区、大蔵省出身)との懇親を深めた。古川議員は、国会では財務金融委員会委員として、民進党では税制調査会及び経済連携調査会会長として活躍されている。「國酒」を世界へ(kanpai to the world)と、日本のお酒を世界へ広げる活動にも取り組まれており、プーチンも唸った山口の美酒での乾杯が印象的であった。

平成29年4月17日(月)政治連盟千葉地方会
「小林鷹之を囲む公認会計士の会」設立総会を開催

 千葉会(千葉市)において、「小林鷹之を囲む公認会計士の会」の設立総会及び懇親会が開催された。小林鷹之衆議院議員(自民・千葉2区)は、現在42歳、財務省に11年間勤務し、公認会計士制度には非常に理解を示されている。2012年初当選の2期目であり、防衛大臣政務官に就任されている。当日は千葉会の会員を中心に政連役員及び東京会会員の出席もあり大変盛況であった。大嶋良弘顧問による設立趣旨説明のあと、規約と牧野智成会員を会長とする役員選出案が全会一致で承認された。小林議員による国政報告では、わが国を取り巻く国防上のリスク等について説明が行われた。昨今の北朝鮮のミサイル問題等、経済活動にも影響を与えるタイムリーなトピックであり、会場一同、小林議員の説明に聞き入っていた。

北部九州地方会近況報告
会長 本野正紀

 北部九州会では、国会議員の方々のセミナー等への積極参加や新年会へのご招待により、直接ご本人とお話しする機会が増えています。福岡県は、麻生太郎財務大臣・金融担当大臣のお膝元であり、様々な意見交換を行っています。古賀篤衆議院議員(福岡3区)は、会計士補の資格保持者であり、「古賀あつしを囲む公認会計士の会」を設立。自民党公認会計士制度振興国会議員連盟会長の衛藤征士郎先生(大分2区)は、福岡で「衛藤征士郎君を囲む会」を年2回開催され、当会の正副会長と挨拶する機会を設けていただいています。公明党福岡県本部とは、昨年で3回目となる政策要望懇談会に参加し、公認会計士協会の諸課題や税制改正要望等の意見交換を行いました。今後も国会議員の方々との接点をより密にできるよう努めていく所存です。

四国地方会近況報告
会長 石川千晶

 四国会では、徳島県選出の後藤田正純議員に続き、昨年10月には、愛媛県選出の塩崎恭久議員を囲む会を設立いたしました。塩崎議員は、厚生労働大臣を勤められておられ、設立総会でも社会福祉法人の監査制度等を中心に、活発な意見交換が行われました。
 福祉は国の重要政策であり、会計士の果たす役割も期待されている分野といえます。禁煙法案の行方も気になるところです。竹谷とし子議員を迎えた女性の懇談会、政党主催の懇談会、政治連盟推薦議員による国政報告会、勉強会等に適宜出席しております。

平成29年4月13日(木)
「公認会計士国会議員との意見交換会」開催

 センチュリーコート丸の内において、政連役員と公認会計士国会議員の意見交換会が開催された。公認会計士国会議員は自民党2名、公明党3名、民進党1名の現在6名。この日は6名全員にお集まりいただき、日本公認会計士協会を巡る主な課題と対応について意見交換を行った。各議員から一言メッセージを頂戴しました。

  • 古賀篤衆議院議員 (自民、福岡3区、前総務(兼)内閣府大臣政務官)
     地元北部九州会はじめ、公認会計士の先生方には、日頃より大変お世話になっております。お蔭様で5年目の政治活動を送らせていただいております。日本経済の動向に対し、会計士業界としての対応が求められるところです。私も引き続き先生方と共に誠心誠意取り組んでまいりますので、変わらぬご指導、ご支援の程、宜しくお願い致します。
  • 竹谷とし子参議院議員 (公明、東京都、元財務大臣政務官)
     適正な情報開示と情報の信頼性確保を通じて資本市場の健全な発展を支える会計監査制度は、日本経済の維持発展に欠かせない重要な社会基盤です。社会保障の持続可能性を確保するための公益分野の監査や、中小企業支援や税務など多様な分野で地域や社会に貢献する公認会計士業界の発展に向け、共々に取り組んで参ります。
  • 若松謙維参議院議員 (公明、比例、前復興副大臣)
     CPA国会議員第1号の私(最年長者)の提案で6名のCPA国会議員全員が揃い党派を超え、有意義な会議となりました。監査法人のガバナンスコードを学ぶ良い機会となり、働き方改革議論を踏まえた3月決算繁忙期の対応等、CPA業務経験者ならではの深堀した課題解決も議論できました。近年の変化、複雑化する諸課題に対して、年複数回の意見交換会も提案させて頂きました。
  • 鷲尾英一郎衆議院議員 (民進、比例北信越、元農林水産大臣政務官)
     6人の議員全員が集まり、日ごろの公認会計士協会の政治的な配慮による求心力を感じました。しかし昨年の参院選を経て、人数が減ったことが非常に残念です。それぞれの現場で党派を超えて公認会計士としての知見を活かした仕事をされていることを心強く感じ、お互いが刺激された会合となりました。様々な課題について皆様とともに取り組んでまいりますので、宜しくお願い致します。
  • 武村展英衆議院議員 (自民、滋賀3区、現内閣府大臣政務官)
     現在、内閣府大臣政務官として、主に経済分野、金融庁、健康医療戦略などを担当しています。特に、経済の成長戦略や骨太方針の策定と着実な実施、地域金融機関との深度ある対話、真に顧客本位の金融サービスの提供の促進、公認会計士制度改革に力を入れて取り組んでいます。今後とも公認会計士の皆さまのご指導をいただきますようお願いいたします。
  • 杉久武参議院議員 (公明、大阪府、現財務大臣政務官)
     日本公認会計士協会の先生方と貴重な意見交換を行うことができました。社会福祉法人・医療法人に対する公認会計士監査制度の導入や新地方公会計制度など、公認会計士の力が必要とされる分野が拡大しております。様々な情報が溢れる今日、適正な情報開示および情報の信頼性確保のために、私自身も政治という分野で頑張って参ります。  

平成29年4月5日(水)政治連盟東京会
「菅原一秀を囲む公認会計士の会」を開催

 「菅原一秀を囲む公認会計士の会」(小貫裕文会長)が公認会計士会館で開催された。研修会、通常総会及び懇親会が開催され、研修テーマは「会計監査を巡る動向」、講師は金融庁幹部と菅原議員。小貫後援会会長をはじめ練馬部会所属の会員多数が出席し、1時間にわたる講義を受講した。
 菅原一秀衆議院議員(自民、東京9区、当選5回)は、経済産業副大臣、財務副大臣を歴任され、現在は衆議院予算委員会理事、自民党東京オリンピック・パラリンピック実施本部幹事長として活躍されている。

兵庫地方会近況報告
会長 林 俊行

 兵庫地方会では税理士法改正問題以来、活発に政連活動に取り組んできました。国会議員の先生方を賀詞交歓会へお招きしたり、個別の勉強会への参加や囲む会の開催等、日頃から親密に交流をしています。
 写真の西村康稔議員は、兵庫県明石市出身で第二次安倍内閣から内閣府副大臣に就任されており、現在は自由民主党総裁特別補佐としてご活躍中です。4月14日には日米の情勢をテーマにした神戸康風会の特別セミナーが開催され、地域の先輩会員とともに出席し、西村議員と積極的に意見交換しました。兵庫地方会では、今後も地域から国会へ意見発信していけるよう積極的に取り組んでいきます。

中国地方会近況報告
会長 蔵田 修

 中国地方会が担当する中国地方5県は、安倍首相(山口県)・岸田外務大臣(広島県)をはじめ有力国会議員を多く輩出しています。
 中国地方会の会長は、代々中国会の会長が兼務しており、現在、岸田議員(広島1区)、平口議員(広島2区)、竹下議員(島根2区)、林議員(参議院山口)の4つの囲む会を発足させて活動を行っています。その中で一番活発に活動しているのは岸田文雄後援会です。毎年必ず1回は開催し、参加者も約30人前後と多く、岸田議員にも約2時間、国政報告や会員との意見交換に時間を取っていただいています。
 中国地方会では、国会議員からのパーティー出席の依頼については、極力対応しているところです。会長だけでは対応できないので、後援会会長や役員が分担して参加しています。これからも皆様方のご協力をお願いいたします。

平成29年3月27日(月)政治連盟埼玉地方会
「公認会計士による古川俊治後援会」を開催

 さいたま市において「公認会計士による古川俊治後援会」(坂本隆信会長)の第5回定期総会及び懇親会が、31名の出席により開催された。定期総会では、事業活動報告及び会計報告が行われ役員案と共に承認された。当日は、参議院本会議での予算案採決と重なり、古川参議院議員の出席が遅れたが、懇親会では古川議員はテーブル全てを巡られ、会員との意見交換が熱心に行われた。予定より30分延長となるほど盛会であり、この様子は古川議員のフェイスブックにも掲載されていますので是非ご覧ください。

平成29年3月25日(土)政治連盟南九州地方会
「野田たけし新春のつどい」に参加

 熊本ホテルキャッスルにおいて、衆議院議員「野田たけし新春のつどい」が盛大に開催された。多くの関係団体から激励挨拶の後、自民党税制調査会最高顧問の野田毅議員(熊本2区、当選15回)が登壇、昨年4月の震災直後、損壊した自宅を後回しに被災地をくまなく巡り、県や市と連携しながら財務省へ予算折衝等で駆け回ったことや、最近の国際情勢、国会情勢、将来を見据えた社会保障制度改革への取組みなど幅広くお話しをいただいた。特に、「熊本は復旧から復興へ、そしてさらに前進していこう!」の言葉が印象的だった。
 今回は、「野田たけしを囲む公認会計士の会」の林田素行会長以下8名が参加、3月31日開催の玉名市の会場(司ロイヤルホテル)でも1名が参加した。

平成29年3月25日(土)
小田原きよし議員と意見交換

 小田原きよし衆議院議員(自民、東京21区、当選2回)が来会され、公認会計士をめぐる諸課題について意見交換した。小田原議員は外務大臣政務官としてご活躍中であり、また自民党企業会計に関する小委員会事務局長として、IFRSの任意適用企業の拡大促進等にご尽力いただいている。

平成29年3月23日(木)
「吉野正芳君を励ます会」に参加

 都内ホテルにおいて、「吉野正芳君を励ます会」が開催され、当政治連盟から多くの役員が出席した。吉野正芳衆議院議員(自民、福島5区)は、東日本大震災復興特別委員会委員長に就任され、ふるさと福島をはじめ、被災地の迅速な復興事業に全身全霊を傾けて取り組まれている。胸の復興缶バッジ「ふくしまからはじめよう。」は、30年かかると言われている福島第一原子力発電所が廃炉になるまで決して外さないと語っておられた。また、吉野議員は企業会計問題のエキスパートとして、自民党の金融調査会企業会計に係る小委員会委員長に就任されている。

平成29年3月22日(水)政治連盟東京会
「井上衆議院議員と親しく語る夕べ」を開催

 「井上信治を囲む公認会計士の会」(原島正之会長)では、立川のパレスホテルにおいて、「井上衆議院議員と親しく語る夕べ」を開催した。井上衆議院議員(自民、東京25区)は現在、自民党の副幹事長、団体総局長、衆議院財務金融委員会の筆頭理事などたくさんの公職にあり、多忙を極められるなかご出席いただいた。東京会会長、三多摩会会長、前会長などの他、地元の選挙区の会員が出席した。
 井上議員には2時間以上お付き合いをいただき、話題は国政から国際情勢、我々の業界のことまで幅広く大いに盛り上がった。井上議員とこれほど長時間に亘って話ができる機会は滅多にないので、有意義な集まりであった。

平成29年3月21日(火)政治連盟千葉地方会
「そのけんを囲む公認会計士の会」設立総会を開催

 「そのけんを囲む公認会計士の会」設立総会及び懇親会が千葉会事務所にて開催された。“そのけん”こと薗浦健太郎衆議院議員(自民・千葉5区)は、平成28年8月より外務副大臣の要職にあり、国民の命・財産・国益を守るために精力的に活動されている。設立総会では、毛塚邦治会員(千葉会副会長)が会長に選任され、塩崎恭久厚生労働大臣からのサプライズ祝電も披露された。
 司会者からの「ここは守秘義務がきちんと守られているので安心してお話しください」との要望に応えるべく、薗浦議員の国政報告は素晴らしい内容であり、想像以上の激務をこなされていると感じた。佐藤裕紀政連副幹事長による乾杯の発声により懇親会が開始され、薗浦議員を囲んで懇親を深めることができた。

平成29年3月21日(火)
国際会計士連盟(IFAC)会長、杉久武財務大臣政務官を表敬訪問

 国際会計士連盟(IFAC)会長のレイチェル・グライムズ(RachelGrimes)氏、CEOのファイズル・チャウドリ(FayezulChoudhury)氏、公共政策・規制担当部長のギャリー・プフリュグラス(GaryPflugrath)氏の3氏が来日し、公認会計士国会議員の杉久武財務大臣政務官(参議院議員、大阪)を表敬訪問した。ご挨拶だけの予定であったが、政務官室スタッフの方々の温かいおもてなしもあり、予定時間を超えて公会計の整備等について意見交換することができた。

平成29年3月8日(水)
若林健太「健政会朝食セミナー」に参加

 都市センターホテル(千代田区平河町)において、若林けんた東京後援会主催の「健政会朝食セミナー」が開催された。若林健太(公認会計士)前参議院議員は、昨夏の選挙で惜しくも議席を失われたが、国政復帰を目指し、持ち前の明るさと行動力をもって、朝の街頭演説など、日々精力的な活動に取り組まれている。当日は関根協会会長、森政連会長をはじめ多くの役員が激励に駆け付けた。引き続き長野県所属の会員をはじめ、全国の会員の支援をお願いしたい。

平成29年3月7日(火)政治連盟近畿地方会
「おだち源幸を囲む公認会計士の会」を開催

 「おだち源幸を囲む公認会計士の会」(岩井伸太郎会長)第5回定時総会及び懇親会が開催され、囲む会の公認会計士15名が出席した。総会では、この1年間の活動報告及び平成28年度収支報告、規約改定案が提案され、原案どおりに承認された。また、残念ながら、昨年の参議議員選挙において3期目の当選を果たせなかったが、今後も、おだち源幸氏を応援していくことが満場一致で了解された。
 この後、同氏から、御礼及び近況報告をいただくとともに、あらためて国政復帰を目指し、今後も政治活動を継続していく旨の力強い決意表明をいただいた。今後も引き続き公認会計士である尾立源幸氏を応援していく決意である。

平成29年3月6日(月)
「西村やすとし君特別セミナー」に参加

 憲政記念館(千代田区永田町)において、衆議院議員「西村やすとし君特別セミナー」が開催された。西村やすとし議員(自民、兵庫9区、当選5回)は、昭和37年生、54歳、通産省から政界入りされ、現在、自民党総裁特別補佐、筆頭副幹事長、金融調査会幹事長等として大いに活躍されている。本部政治連盟としては、兵庫県在住の公認会計士による「西村康稔を囲む公認会計士の会」(岩木英一会長)を中心とした地元会員との連携を図っていく所存です。

京滋地方会近況報告
会長 木田 稔

 京滋会では二つの公認会計士の国会議員を囲む会があります。昨秋に開催した「伊吹文明を囲む公認会計士の会」(深井和巳会長)では、日本をとりまく国際情勢と今後のあるべき経済政策等についてご説明いただきました。興味深いお話であり、高いご見識に感銘をうけることとなりました。
 「武村展英を囲む公認会計士の会」(深井和巳会長)では、ご就任された内閣府大臣政務官の職務の様子や日本の経済を立て直し、地域を発展させるための施策についてご説明いただきました。武村氏は公認会計士であり、益々のご活躍を期待しているところです。  いずれの国政報告に続く懇親会でも、国会議員の先生方と京滋会の囲む会会員との間で活発な意見交換がなされました。加えて、政党主催の勉強会や懇親会のほか、京滋会地区選挙区の国会議員が開催される懇談会や新年会に参加し、政策等のご意見を伺うとともに、公認会計士の活動についてご説明し、ご理解を得るように心がけています。

平成29年2月5日(日)政治連盟京滋地方会
「武村展英新春のつどい」に参加

 公認会計士国会議員、衆議院議員「武村展英新春のつどい」が地元草津市の「クサツエストピアホテル」で開催された。武村展英議員(自民、滋賀3区、当選2回)は、現在、内閣府大臣政務官に就任され、政府の一員として多忙の日々を送られている。当日は木田稔京滋会会長をはじめ、京滋会所属の公認会計士多数が参加した。また、本部から加藤達也副幹事長も駆けつけ、会場一杯の地元支援者とともに武村議員を激励し、親交を深めた。

平成29年2月4日(土)政治連盟東海地方会
「公認会計士による棚橋泰文議員を囲む会」を開催

 岐阜県の公認会計士18名が参加して第5回「公認会計士による棚橋議員を囲む会」(世話人福井真一)を開催した。冒頭、棚橋議員から、谷垣前幹事長の自民党幹事長代理を務めた後、現在は衆議院国家基本政策委員長に就任していること等の近況報告があった。講演では、会員がいま最も聞きたい「トランプ大統領の打ち出す貿易・防衛政策に対する日本政府の対応」についてお話頂いた。その中で「トランプを支持したアメリカの中間層、下流・移民層に対する本音の政策実施」と同様に、日本の国内消費を活発化させる為には「移民、イノベーション、下流層等」への政策の検討が、日本にも必要になるという点が印象に残った。講演終了後は、会員からの質問に対して、丁寧なご回答を頂いた後、散会した。

埼玉地方会近況報告
会長 蛭川俊也

 埼玉県会は昨年4月1日に東京会から独立し、全国で15番目の地域会となり、政治連盟も埼玉地方会となりました。埼玉地方会には、参議院議員の「公認会計士による古川俊治後援会」がありますが、昨年10月14日若手会員を中心に衆議院議員の「村井英樹を囲む公認会計士の会」が設立されました。埼玉第1区で36歳、元財務省出身の会計士業界の実情に精通している方ですので、今後の活躍に期待しています。社会の変化に対応し、社会福祉法人及び医療法人等の会計監査、会計指導等の業務が拡大し、公認会計士の社会的な役割・責任が高まって来ていますので、法律制定に係る国会議員の先生方に業界をPRして認識度を高めてもらう必要があります。公認会計士制度の健全な発展に理解のある政治家の先生と連絡を密にして、党派に関係なく応援していきたいと思っています。

千葉地方会近況報告
会長 岡田敏男

 平成28年4月から、地域会千葉会設立と同時に政治連盟千葉地方会として活動を行っています。東京会千葉県会の時、「公認会計士によるたじま要を囲む会」を設立し、以来、毎年、議員の国政報告会を兼ねた通常総会及び懇親会を開催、公認会計士を取り巻く現状の意見交換等を行っています。また、千葉会定期総会懇親会及び新年賀詞交歓会には多数の衆参両議院議員の皆様にご臨席いただき交流を深めています。さらに、3月21日に薗浦健太郎衆議院議員(現外務副大臣)、4月17日に小林鷹之衆議院議員(現防衛大臣政務官)の囲む会を発足する予定です。両議員とも様々な分野で活躍が期待される、若きリーダーです。千葉地方会の活動がますます活発になっていきます。千葉会会員の皆様のご理解ご協力をお願いします。

〒102-8264 東京都千代田区九段南4-4-1 公認会計士会館
Copyright(C) Seiren All Right Reserved